柔軟勤務、欧米に遅れ 理想と落差、日本が最大

2020/8/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

テレワークの導入は欧米企業が先行している。スイスのシェアオフィス企業、IWGの2019年の調査では「在宅勤務など柔軟な働き方を導入する企業」の比率は日本が32%だったのに対し、米国は69%、ドイツが80%、オランダは75%と倍以上の開きがあった。足元では新型コロナウイルス禍で日本でも急激に導入企業が増えているが、ノウハウの蓄積は遅れている。

オランダでは2016年にテレワークに関する権利が法制化…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]