/

この記事は会員限定です

AIで再生医療細胞管理 イノテック システム事業化

形状分析、増殖予測も まず30社に導入へ

[有料会員限定]

ソフト開発のイノテック(広島市)は、再生医療で使う細胞を管理するシステムを事業化した。人工知能(AI)を使い、培養した細胞の画像から形状などを分析、正常に増殖するかどうかを予測する。再生医療の普及に伴い需要拡大が見込まれるとみて、2023年までに30社への導入を目指す。

本格展開を始めたのはクラウド型の細胞品質管理システム「AiCELLEX(アイセレックス)」。イノテックは画像処理技術を使って電...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り888文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン