/

この記事は会員限定です

ウェブ上で労働審判 コロナ禍の紛争解決に対応

迅速化・負担軽減へ期待

[有料会員限定]

民事訴訟の手続きをオンラインで進める目的で2月に始まった「ウェブ会議」が、従業員らと雇い主の紛争解決を図る労働審判制度にも導入されたことが17日、最高裁への取材で分かった。7月にまず18件(速報値)で活用された。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、解雇や雇い止めなどを巡る労働問題の増加が懸念される。オンライン活用で審理の迅速化を図り、当事者の利便性も高める。

労働審判は解雇や給料の不払いなどのト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り644文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン