/

この記事は会員限定です

別荘地に吹いた3つの風

軽井沢、コロナ後に地価1割上昇

[有料会員限定]

日本有数の避暑地、長野県軽井沢町が熱視線を浴びている。富裕層の別荘が立ち並ぶ地区として知られるが、新型コロナウイルス禍で別荘購入者の裾野が拡大。充実した教育環境に引かれた移住者やワーケーション需要への期待という3つの要素が支えとなり、土地価格は2年間で1割超上昇した。世帯数より別荘の数が多い軽井沢に新たな風が吹いている。

「新型コロナで爆発的に購入者が増えた」。軽井沢駅近くの不動産会社の営業担当...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1292文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン