/

この記事は会員限定です

糖尿病薬、糖を便に排出

神戸大が仕組み発見

[有料会員限定]

神戸大学の研究チームは糖尿病薬の一つでブドウ糖を便に排出する作用を見つけた。「メトホルミン」という薬を飲む患者を最新の画像検査技術で調べた。この薬は多くの患者が服用しているが、血糖値の上昇を抑える仕組みの全容はわかっていなかった。

糖尿病で血糖値が高いと血液中のブドウ糖の一部が尿に漏れ出す。尿への排出を促す薬もある。

メトホルミンを飲むと腸にブドウ糖が集まることは知られていた。これまでは消化管の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り345文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン