/

この記事は会員限定です

中高年が市場支える

二輪、40~60代中心 若者取り込みが課題

[有料会員限定]

往年の名車の市場を支えているのはバブル期などに青春時代を過ごし、こうしたクルマに慣れ親しんだ中高年だ。仕事や子育てが一段落し、自分のためにお金や時間を再び使えるようになった人たちが市場に回帰している。

特に二輪車ではこうした傾向が顕著だ。日本自動車工業会(自工会)の2019年度の調査によると、新車の購入者の平均年齢は54.7歳で年々高齢化が進む。「リターン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り179文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン