/

この記事は会員限定です

高級白衣の意義

人間としての医師の服 中野香織

[有料会員限定]

近年の医学部では「白衣式」が行われている。臨床実習に入る前に、医師をめざす者としての倫理や心構えを自覚する式典である。世話になった人々の前で白衣を着る瞬間、専門職としての自覚が目覚めるであろうことは想像に難くない。

そうした儀式を経験すると、医師となって日々、白衣に袖を通すたびに記憶がよみがえり、プロとしてのスイッチが入るのではないか。それがぺらぺらの白衣ではなく上質な白衣であれば気持ちの奮い立...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り672文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン