/

この記事は会員限定です

女性の連帯示す「シスターフッド」

作家や歌人 特集や連載で注目

[有料会員限定]

韓国のフェミニズム小説『82年生まれ、キム・ジヨン』の邦訳刊行から2年弱。フェミニズムは文芸の世界で一つの潮流となった。その流れを受けて「シスターフッド」がじわり存在感を増している。シスターフッドとは1960年代後半から80年代のウーマンリブ運動の中でよく使われた言葉で、女性同士の連帯や絆を示す。古くて新しい言葉だ。

河出書房新社の文芸誌「文芸」秋季号は特集「覚醒するシスターフッド」を掲載した。完...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り810文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン