活字の海で女性の連帯示す「シスターフッド」 作家や歌人 特集や連載で注目

2020/8/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

韓国のフェミニズム小説『82年生まれ、キム・ジヨン』の邦訳刊行から2年弱。フェミニズムは文芸の世界で一つの潮流となった。その流れを受けて「シスターフッド」がじわり存在感を増している。シスターフッドとは1960年代後半から80年代のウーマンリブ運動の中でよく使われた言葉で、女性同士の連帯や絆を示す。古くて新しい言葉だ。

河出書房新社の文芸誌「文芸」秋季号は特集「覚醒するシスターフッド」を掲載した。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]