セブン契約解除 大阪地裁で初弁論 本部側は争う姿勢

2020/8/14付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

時短営業を続けたセブン―イレブン東大阪南上小阪店(大阪府東大阪市)のフランチャイズ契約解除は無効として、元オーナー、松本実敏さん(58)がセブン―イレブン・ジャパンを相手取り、オーナーとしての地位確認などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が14日、大阪地裁で開かれた。セブン本部側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。

松本さんは意見陳述で「過労死すると思い、時短営業に踏み切った。妻と苦労して築いた店を取…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]