/

この記事は会員限定です

「現状は一般的助言」

先行各社、適法性を強調

[有料会員限定]

AI(人工知能)による契約審査について、既存のサービス各社は「自社サービスは適法だ」と口をそろえる。ただ一部の専門家からは「リーガルテックと弁護士法の線引きについての議論は、成熟していない」との指摘も出ている。

現在、AIによる契約審査サービスを提供しているのは、リーガルフォース(東京・江東)とリセ(東京・中央)、GVA TECH(ジーバテック、東京・渋谷)の3社が主だ。いずれも弁護士が経営する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り674文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません