伊藤忠、廃ペットボトルを食品容器に ファミマに供給も

2020/8/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

伊藤忠商事は、使用済みペットボトルを食品容器向け原材料に再生する事業に参入する。2021年4月から本格販売をはじめ、初年度に16億円前後の売上高を見込む。伊藤忠グループのコンビニエンスストア、ファミリーマートへの供給も検討。サラダなど中食需要が拡大するなか、環境配慮と事業拡大を両立できる分野として育成する。

子会社の樹脂商社で、食品向け包装材料に強い伊藤忠プラスチックス(東京・千代田)を通じて事…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]