/

この記事は会員限定です

犬型ロボに温度センサー

山形大、抵抗感なく検温

[有料会員限定]

山形大学は柔らかいゲル状の素材を使う犬型ロボット「ゲルハチ公」に、温度センサーを搭載したモデルを作る。新型コロナウイルス対策のための検温には抵抗感を感じる人もいる。思わず触りたくなるゲルハチ公に近づくことで、自然に体温を測れるようにする。

ゲルハチ公はセンサーやカメラの情報をもとに人工知能(AI)で作った感情を鳴き声や振動で伝える。高齢者施設向けなどを想定し昨年開発したが、山形県に生産拠...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン