三井不動産、シェアオフィス地方都市に拡大 コロナで需要

2020/8/13付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

三井不動産は都心部を中心に展開しているシェアオフィス事業で、郊外や地方都市に出店を広げる。新型コロナウイルスの影響で働き方が多様化するなか、サテライトオフィスなどで活用してもらう。情報セキュリティーやビジネス支援も充実させ、2020年度に現在より約2割多い約70拠点まで増やす計画だ。

三井不が拡充するのは多拠点型シェアオフィス「ワークスタイリング」。都内のほか横浜や名古屋、神戸にも20年度内に新…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]