/

この記事は会員限定です

バター在庫、35ヵ月ぶり減

5月末、大型連休で消費進む

[有料会員限定]

バターの在庫量が35カ月ぶりに減少した。農林水産省の牛乳乳製品統計によると、5月末の乳業メーカーなどのバターの在庫量は前年同月比0.5%減の4万1518トンと、2019年6月以来の前年同月比マイナスとなった。「行動制限のない大型連休を背景に外食や土産菓子などで使うバターの消費が進んだとみられる」(農水省牛乳乳製品課)という。

新型コロナウイルス禍で生乳の消費が減り、余剰になった生乳をバターや脱脂...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り264文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません