食紀行島根・大田の穴子 新鮮、大きくて肉厚

2020/8/13付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

江戸前寿司(すし)にも使われる穴子。かつては東京湾や瀬戸内海で多く取れたが、現在は島根県が漁獲量約600トン(2019年)で3年続けて日本一だ。餌が豊富な日本海の大陸棚で育った穴子は大きくて肉厚。県内有数の水揚げを誇る大田市では穴子を街おこしにも生かそうとしている。

「新鮮だから身が透き通っているでしょ」。漁港に近い漁師料理店「活海」を訪ねると、店主の竹山克己さんが刺し身を出してくれた。高級な白…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]