/

この記事は会員限定です

買収目的の「空箱」が市場席巻

米で相次ぐSPAC、2兆円集める 審査経ず上場、バブル懸念

[有料会員限定]

「空っぽの箱」に詰まった夢――。別の会社を買収することだけを約束した会社が、米国で相次ぎ上場している。投資家はいずれ有望な未公開企業を買収する夢を見て、巨額の資金を投じる。コロナ禍で起きたブームは、米国の資本市場のダイナミズムか、カネ余りのあだ花なのか。

箱だけの会社は「特別買収目的会社(SPAC)」と呼ばれる。上場時には事業の実体を持たず、有望な会社を将来みつけて買収することだけが目的だ。投資家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1386文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン