/

この記事は会員限定です

小学生のネット依存4.2%

富山、コロナで増加懸念

[有料会員限定]

富山大は12日までに、2018年に実施した富山県内の小学生を対象としたインターネット利用調査から、4.2%の児童がネット依存とみられることが分かったと発表した。

山田正明助教は「新型コロナウイルス禍で在宅時間が長くなり、ネット依存の児童が増えている可能性がある」と警鐘を鳴らしている。

富山大は18年7~9月、県内の小学4~6年の全児童を対象に調査し、9割に当たる1万2130人の回答を分析...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン