/

この記事は会員限定です

生保、コロナで細る収益

4~6月、新契約の保険料6割減 市場運用も苦戦

[有料会員限定]

生命保険会社の業績に新型コロナウイルス感染拡大の影響が濃くなってきた。12日までに2020年4~6月期決算を発表した大手9社の新契約年換算保険料は、対面営業の自粛などを背景に前年同期比6割減った。市場運用も上場企業の配当減少が響く。当面は既存契約からの利益が下支えするものの、コロナ影響の長期化で営業モデルも転換を迫られている。

日本、第一生命ホールディングス(HD)、明治安田、住友、T&D、富国、朝日、ソニー、かんぽの9社を集...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り607文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン