/

この記事は会員限定です

小笠原 到着前に感染判定

都など試行、乗船時にPCR検査

[有料会員限定]

東京都などは東京本土と小笠原諸島を結ぶ貨客船「おがさわら丸」の乗客に対するPCR検査を試験的に始めた。乗船前に唾液を採取し、島に到着する前に結果がわかる。陽性反応があった人は船内で隔離し、到着後は自衛隊の航空機などで本土に送り返す。医療体制が不十分な島内に感染が及ぶのを防ぐ。

検査は11日午前の東京発の便から始まった。同意があった6歳以上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り170文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン