/

この記事は会員限定です

ロシア、ワクチンを承認

コロナで世界初、安全性には懸念

[有料会員限定]

【モスクワ=小川知世】ロシアのプーチン大統領は11日、同国の国立研究所が開発した新型コロナウイルスのワクチンを承認したと発表した。新型コロナワクチンの承認は世界で初めて。ただ国際的に承認に必要とされる大規模な臨床試験(治験)を完全に終了しておらず、安全性を懸念する声も強い。

承認されたのはモスクワの国立ガマレヤ疫学・微生物学研究所が国防省と開発したワクチン。8月末にも医療従事者などへの接種を始める...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り520文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン