アーム高値売却探る 5G強み、IT大手が関心

2020/8/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

孫氏が初めて売却に言及した英半導体大手アームは、次世代通信規格「5G」向けで存在感が高まっている。世界のIT(情報技術)大手が買収に関心を示す。2016年に3.3兆円を投じた案件の回収が見えれば25%を出資するファンド事業の損益改善にもつながる。

売却先など具体的な相手について、孫氏は「ノーコメント」と言及を避けたが、米半導体エヌビディアなどと交渉を進めているもようだ。

アーム買収には他の半導体…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]