川重、神戸に手術支援ロボ工場新設 神戸大には研修施設

2020/8/12付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

川崎重工業は11日、国産初の手術支援ロボットの事業拡大を見据えて、神戸市内に2~3年後をめどに生産工場を新設する方針を明らかにした。当面は既存の明石工場(兵庫県明石市)で生産し、事業が軌道に乗った段階で神戸市内に拠点を確保して生産体制の増強を図る計画だ。

同社とシスメックスが折半出資するメディカロイド(神戸市)の手術支援ロボット「ヒノトリ サージカルロボットシステム」が製造販売承認を取得したこと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]