/

この記事は会員限定です

サイバーエージェント、仮想店舗研究の新組織

化粧品やアパレル、活用想定

[有料会員限定]

サイバーエージェントが仮想空間に特化した空間デザインの研究・企画などを手掛ける新組織を設立した。バーチャル店舗を訪れる顧客の体験価値を高める狙いで、年内にも研究成果を生かした店舗空間を展開する。

7月に「Metaverse Architecture Lab(メタバース・アーキテクチャー・ラボ)」を設立した。ラボを通じてバーチャル店舗の魅力を高める。具体的には化粧品やアパレルの小売店のほか、自動車...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り331文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません