米追加関税 7割適用外 日本の鉄鋼・アルミ 高機能、代替難しく

2020/8/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

トランプ米政権が2018年3月に発動した鉄鋼とアルミニウムの追加関税について、約7割の日本製品が適用を除外されていることが分かった。米国のメーカーでは自動車用の高機能な鋼材などの分野で十分な量を作れず、日本の鉄鋼大手から購入しているためだ。自国産業の保護を掲げるトランプ大統領の初期の目玉政策だが、思惑通りには進んでいない。

関連記事企業2面に

米国は18年3月に輸入規制を発動し、鉄鋼とアルミに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]