/

この記事は会員限定です

購入前調査、構造に重点を

コンドミニアム・アセットマネジメント社長 渕ノ上弘和さん

[有料会員限定]

中古戸建ては購入前にインスペクション(建物状況調査)をすることが望ましいです。調査をするときは細かな設備や内装ではなく、雨漏りやシロアリ被害の有無など建物の構造部分へ重点を置いてください。こうした部分に万一、欠陥があると修理費が非常に高くなる例が多いからです。

中古マンションは売り主だけではなく管理組合の同意も必要になるなどインス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン