米台、コロナ名目に急接近
蔡総統と厚生長官が会談 中国反発、報復を示唆

2020/8/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【台北=中村裕】米中対立が激しさを増すなか、トランプ米政権が台湾に接近している。1979年の断交後で最高位となる閣僚を派遣して台湾の新型コロナウイルス対策を称賛し、「民主主義」の優位を国際社会にアピールした。中国は激しく反発している。(1面参照

台北市内の総統府で開いた10日の会談。アザー米厚生長官は台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統に対し、台湾の新型コロナ対策の成功のカギが「台湾社会の透…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]