国内会計不正 5年で3倍 粉飾や資産流用、統治実効性に課題

2020/8/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国内企業の会計不正が急増している。日本公認会計士協会によると、2020年3月期は101件と前の期から7割増え、5年前の3倍だった。このうち大半が上場企業のようだ。損益や財務を実態よりよく見せようとする動きが目立つ。15年の企業統治指針導入で社外取締役の採用拡充など経営監視の体制作りは進んだが、実効性にはなお課題がありそうだ。

財務諸表の意図的な虚偽にあたる粉飾決算、着服など資産流用の2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]