/

この記事は会員限定です

セブン、10年周期の革新再び? 米コンビニ買収

「周囲の猛反発→成功」の歴史

[有料会員限定]

「どれも、みんな反対だった」

セブン―イレブン・ジャパンの生みの親、鈴木敏文氏がセブンの歩みを振り返る時に必ず語る言葉だ。日本でセブンイレブンを立ち上げた時(1973年)も周囲から猛反発を食らった。「日本にはパパママストアがある。いまさらコンビニなんて。大型店の時代だ」と。そして、こう付け加えることがある。「なぜか大きなことが10年くらいの間隔で起きるんだよね」

創業時以上に反対されたのが、今から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1160文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン