日傘で涼しく人と距離 ウィズコロナの夏乗り切る、冷感マスク多彩に

2020/8/8付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響で8月に入っても街中ではマスク姿の人が多い。今年の夏の暑さ対策は、気温の上昇とともに高まる熱中症のリスクを回避しながら「新しい生活様式」に沿って進める必要がある。日傘や冷感素材を用いた夏用マスクなどをうまく活用し、ウィズコロナで乗り切る工夫が求められている。

「向こうから歩いてくる人が、ほどよく距離をあけてくれる。マスクを外して歩けるので暑さが全然違う」。肌が弱く、これま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]