/

(消費を斬る) 結婚相談所、20~30代の利用増

アプリ疲れ、仲介人の支援好評

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍でリアルな出会いの場が減るなか、結婚相談所を利用する20~30代が増えている。日本結婚相談所連盟(東京・新宿)に加盟する結婚相談所では、2021年の20代の入会者は18年比で5割増えた。マッチングアプリの台頭で婚活サービスへの抵抗感が薄れたが、「アプリ疲れ」の声も出てきた。仲介人が出会いから結婚までを支援してくれる面倒見の良さが見直されている。

「在宅時間が増えて、出会いの場...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません