NAR Exclusiveバングラの複合企業ベキシムコ、コロナ関連事業強化
後発薬輸出、防護服も量産体制

2020/8/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

バングラデシュ最大の複合企業ベキシムコ・グループが新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な流行)を商機と捉え、コロナ関連事業を強化している。新型コロナに対する治療効果が期待される「レムデシビル」の後発薬の生産・輸出を始めたほか、医療用ガウンやマスクなどの「個人防護具(PPE)」の量産体制を整えた。

レムデシビルの後発薬「ベムシビル」を生産するのは、同グループ傘下の製薬会社。地元の公立病院などに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]