/

この記事は会員限定です

レトロゲーム 海賊版が横行

40代の復刻人気狙う 著作権、製造元との確認に壁

[有料会員限定]

任天堂の「スーパーマリオブラザーズ」など往年の人気ソフトが入った海賊版ゲーム機の販売が横行している。同社の「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」に興じた40代が主なターゲットだ。かつてのソフトメーカーがなくなったことも「レトロゲーム」の海賊版が出回る要因とみられる。

「懐かしさ満載のゲームが36種類搭載されて遊べます」。2019年2~3月、宮城県の40代会社員の男はオークションサイトに海賊版ゲーム機を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン