実用重視の傾向 行き過ぎの声も

2020/8/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

高校国語の新課程が問題視されたのは、「現代の国語」と「論理国語」の教科書では小説などのフィクションを扱わないよう、文科省が教科書会社に強く指導したことがきっかけだ。

大学入試を考えると「文学国語」を履修する生徒は少ないという見方や、近年の教育政策が実用重視・人文知軽視の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]