高校国語の科目再編 論理と文学 分断危うい
慶応義塾大学教授 小倉孝誠 総合的な力育たず/教材採用横断的に

2020/8/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2022年度に実施される高校国語科の科目再編を巡り、日本学術会議が改善策を提言した。分科会委員長としてとりまとめに当たった小倉孝誠・慶応義塾大学教授に寄稿してもらった。

2018年3月、文部科学省は新しい高等学校学習指導要領を告示し、翌19年2月にはその解説書が刊行された。それにともない、22年度から高校国語の科目編成が大きく変わる。具体的には、現行の必履修科目「国語総合」が「現代の国語」「言語…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]