/

この記事は会員限定です

海外不動産、「見える化」を

ジョーンズラングラサールIPS事業部長 高橋貴裕

[有料会員限定]

新型コロナウイルスはビジネスの姿を大きく変えた。不動産管理の重要性も増している。

多くの外資系企業は賃借・所有不動産をグローバルに一元管理する体制を整えている。コロナ禍の初期段階からオフィスなどの使用状況を把握し、従業員の安全確保に向けた世界共通の基準づくりなどを進めていた。各地の成功事例を社内で共有し、コスト削減につなげた企業もあった。

こうした海外不動産の一元管理は、世界に拠点を持つ日本企業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り858文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン