今を読み解く平成経済の特徴を探る 安定性と停滞性から分析
東京大学教授 岡崎哲二

2020/8/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

平成期の経済は昭和期の経済と比べ、その安定性と停滞性が顕著な特徴だ。平成の経済は経済成長率、インフレ率などの指標の変動が小さい一方、平均水準が大幅に低い。読売・吉野作造賞を受賞した小峰隆夫『平成の経済』(日本経済新聞出版・2019年)は、昭和から平成にかけて経済企画庁でエコノミストとして経済分析にあたった著者が、平成期の日本経済についてマクロ的な側面を中心に記述したものだ。

平成経済の右のような…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]