/

この記事は会員限定です

<法トーク>海外M&A、日本企業動きも

弁護士 森幹晴氏

[有料会員限定]

「今年後半から、日本企業による海外企業買収が盛り返すのでは」とみるのは森幹晴弁護士。現在は新型コロナウイルスの影響で企業が新規のM&A(合併・買収)を控えており、進行中の案件も買収先企業の海外工場など施設の資産査定が進んでいない。だが「IT(情報技術)など海外資産を多く持たない業界の案件は少しずつ動き始めている」という。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り162文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン