/

この記事は会員限定です

ネット広告、透明性高める

仏クリテオCTO 追跡型規制で代替技術

[有料会員限定]

利用者が閲覧データを提供する代わりに「タダ」で使えるインターネットの無料モデルが転機を迎えている。閲覧履歴を使い最適な広告を表示するターゲティング(追跡型)広告に規制が入り、代替手法が必要になっている。仏広告大手クリテオのディアミド・ギルCTO(最高技術責任者)は「人工知能(AI)を使い透明性とプライバシーを重視した新手法を提供する」と話した。

追跡型広告はネット企業の収益の源泉となってきたが、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り855文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン