政界Zoom選挙供託金、日本は高額
乱立防止、米欧は署名で

2020/8/7付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

7月の東京都知事選は過去最多の22人が立候補した。乱立を防ぐための供託金制度には実効性の限界がみえる。主要国と比べて高額な日本の供託金には政治参加を規制しているとの指摘もあり、見直しの契機となる。米欧には金銭でなく一定数の署名を立候補の条件とする国がある。

「候補者が面白い人が多いから政見放送を見てみてください」。都知事選では特定の政党の支援を受けない候補者の選挙活動がSNS(交流サイト)で話題…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]