広島の惨事 どう伝承
原爆の日、風化防ぐ責務 被爆者ピークの6割減

2020/8/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

広島は6日、被爆から75回目の「原爆の日」を迎え、広島市では「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が開かれた。「被爆者健康手帳」を持つ全国の被爆者はピーク時から6割減の約13万6千人となり、平均年齢は83歳を超えた。原爆の記憶の次世代への継承が差し迫った課題となっている。

「世界中の人々が核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に向けて『連帯』することを市民社会の総意にしていく責務がある」。午前…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]