「保健師育成が課題」8割 46道府県など調査 指導者不足浮き彫り

2020/8/7付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

新型コロナウイルスへの対応強化に向けて、約8割の自治体が専門知識を持つ保健師の育成を課題に挙げていることが、日本経済新聞の調べで分かった。感染の第1波では人手不足などから保健所の業務が逼迫した。ただ、指導者不足などの問題があり、保健師の確保は容易ではない。

7月上旬に静岡県や静岡市、浜松市など、保健所を設置する46道府県と政令市、東京23区を対象に第2波に向けた課題や、第1波での保健所対応の評価…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]