/

この記事は会員限定です

〈成長の未来図〉知で越える危機(3)専門人材不足の機会損失1200兆円

学び直し、問われる成果

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍の後の経済回復をにらみ、各国で労働者の能力を高めるリスキリング(学び直し)が活況だ。ここで重要なのは形だけの導入にとどまらず、リスキリングの効率を高めてどれだけ成果に結びつけられるかだ。

米国では「リスキリング・テック」が盛り上がる。米非営利団体、Xプライズ財団などは「ラピッド・リスキリング」と呼ぶビジネスコンテストを始めた。eラーニングや仮想現実(VR)といった技術に強みを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1083文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン