/

この記事は会員限定です

ダイフク、純利益41%増

4~6月、通販向け搬送装置好調

[有料会員限定]

ダイフクが6日に発表した2020年4~6月期の連結決算は純利益が前年同期比41%増の73億円だった。インターネット通販市場の拡大を受けて、倉庫内で商品を運ぶための搬送装置の販売が通販企業向けに増えた。

売上高は19%増の1139億円、営業利益は41%増の90億円。ともに4~6月期として過去最高だった。自動車工場や空港内で使われる搬送システムも増えた。

下代博社長は同日の記者会見で、ネット通販向けの需要拡大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り416文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン