中国対外融資が膨張
途上国へ強まる支配力、重債務68カ国向け4年で倍

2020/8/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中国の対外融資の膨張ぶりが明らかになった。債務の重い発展途上国68カ国向けの貸し付けは2018年末までの4年間で倍増し、世界最大の開発援助機関である世界銀行に肩を並べた。融資が政策やインフラ運営を縛る「債務のワナ」(総合2面きょうのことば)が途上国を覆い、国際秩序も揺るがす。

「香港の情勢を批判するのは中国への内政干渉にあたる」。中国が統制強化のために施行した「香港国家安全維持法」を巡り、6月末…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]