/

この記事は会員限定です

AIカルテル、独禁法で

公取委 運用策、年度内に報告

[有料会員限定]

公正取引委員会は人工知能(AI)やアルゴリズム(計算手法)といったデジタル技術でカルテルなどが起きた際に独占禁止法で対応する。人間の意志と関係なく価格を調整した場合に違反になるのかなどが焦点となる。実質的な運用ルールとなる法解釈を示した報告書を2020年度内にまとめる。

これまで公取委は事業者間が「合意」して行う価格調整をカルテルとして問題視してきた。AIなどが価格を操作した場合に人間の意志とみな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り677文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン