かがくアゴラ「カイコワクチン」開発挑む 九州大学教授 日下部宜宏氏

2020/8/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

九州大学の日下部宜宏教授は、カイコの体の中で診断薬やワクチンの原料を大量生産する"昆虫工場"の事業化を進める。新型コロナウイルスの食べるワクチン開発に全力を挙げている。

日本はワクチン開発では欧米に後れを取っている。輸入品が多く、国産は少ない。パンデミックが起きて物流が止まったら、ワクチンを海外から購入することもままならなくなる。国産ワクチンの生産体制を構築することが必要だ。カイコは大腸菌や酵…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]