戦後75年被爆の記憶 永久に 広島 原爆の日
兄姉の悲劇、愚かな歴史忘れない

2020/8/6付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

平和を願う鐘の音が響き渡った。6日、75回目の「原爆の日」を迎えた広島。新型コロナウイルスの影響で規模を縮小した式典が営まれた平和記念公園(広島市)では、高齢の被爆者や遺族らが犠牲者を悼み、祈りをささげた。被爆者の高齢化が進むなか、子どもたちは未来への伝承を誓った。(1面参照

「安らかにねむってください」。広島市西区の吉川信さん(84)は6日の平和記念式典に被爆者代表として出席。曇り空の中、犠…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]