/

この記事は会員限定です

IoT時代の基盤、自覚薄く KDDI障害

社会の通信依存あらわ、安全網構築へ転機

[有料会員限定]

KDDIの大規模障害は、携帯通信網に依存する社会・経済システムの脆弱性を浮き彫りにした。ライフライン(生命線)を提供しているという自覚の薄さが、復旧作業や情報開示の遅れを招いた。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」端末は生活の隅々に入り込む。KDDIの通信障害はデジタル社会の危機管理体制構築に向けた転機となる。(1面参照

「通信事業者として責任を果たしたとは言えない」。5日、金子恭之総務相...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1215文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン