「抗原検査」利用進まず

2020/8/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

PCR検査が構造的に迅速化をはかりにくいなかで、感染者の把握を後押ししそうなのが「抗原検査」だ。PCRと違って、30分程度で結果が分かる。ただ、感染初期の人を見つける精度がPCRよりも低いことや診療報酬の安さから医療の現場では採用が進まない。

抗原検査はプレート状の検査キットに検体をたらせば、結果が一目で分かる。検体の輸送や専用装置も不要なので、クリニックなど地域の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]